歯を美しく保つために

審美歯科について

審美歯科について

一般的に審美歯科とは、歯や口元の美しさに焦点を当てた総合的な歯科治療のことを指します。
「白く形の良い歯にする」「歯並びを良くする」といった美観の側面で治療していき、歯の色が気になる方やコンプレックスから歯を出すことに抵抗がある方など、そんなお悩みの方に審美歯科治療を行っています。
一人一人の患者様のご要望に応じて適切な治療をしていきますので、思いっきり歯を出して笑えるように当院で一緒に綺麗で健康的な歯を目指していきましょう!

こんな症状はありませんか

こんな症状はありませんか

  • 笑った時に銀歯や歯の色が気になる
  • 歯を白くしたい
  • 笑うと歯茎が見えすぎる
  • すきっ歯や形が気になる

こんな症状はありませんか

審美歯科の治療メニュー

ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウン

人工ダイヤモンドともいわれるジルコニアに色調や質感を出すセラミックを盛り付けたかぶせ物です。内部の色を遮蔽することができ、高い強度を持った最上級の素材を使用したかぶせ物です。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

素材全体が全てセラミック(陶器)で出来ています。金属を使用していないため透明感があり、色調も自然の歯に一番近い色を再現しています。また、時間が経っても色がくすんだり、歯肉が黒ずんだりもほとんどありません。前歯など、最も審美性に気を使う箇所に最適な素材です。金属アレルギーの方も安心して使用することができます。

メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)

メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)

現在、一般的に製作されているセラミックのさし歯と言ったら、このタイプになります。金属で芯を作りセラミックを張り合わせた構造になっています。自然の歯に近い色や形をしていますが、芯が金属で出来ているため自然な歯の透明感はありません。また、時間が経つと金属が露出して歯肉との境目が黒く見える可能性があります。

ハイブリッドセラミッククラウン

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミック(陶器)とプラスチックの混合物です。色調などはセラミックとプラスチックのちょうど中間位です。ただし硬さは自然の歯に近く、周りの自然の歯と一緒に摩耗していきます。奥歯には適した素材です。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

歯の表面のみに虫歯が広範囲に広がっていた場合や、歯の漂白(ホワイトニング)のみでは取れない着色などがある場合に歯の表面(見える部分)のみをごく薄く削り、セラミックのシェルを貼付けます。付け爪のようなイメージです。

PAGE TOP

ご予約・お問い合わせ
専用ダイヤル
TEL078-599-9838
お問合せはこちらから